Tue. May 28th, 2024

画像の出所:https://www.fox5dc.com/weather/from-80s-to-autumn-chills-dcs-october-weather-whirl

80年代から秋の冷気へ。DCの10月の天候が変動

ワシントンD.C.――アメリカの首都地域、ワシントンD.C.ではこの10月、驚くべき天候の変動が続いている。80年代の夏のような暑さから、急激な秋の寒さへと一転している。

連日続いた夏日のような暑さから、一夜で気温が急速に下がり、秋の訪れを感じさせる寒さになった。先週、ワシントンD.C.地域では気温が80°F(約27℃)を超える日々が続いていたが、それから数日後には、最高気温が彼方に消え、40°F(約4℃)程度まで下がる寒さに見舞われた。

このような急激な気温変動は、地域の住民や観光客に驚きをもたらした。多くの人々が、日中は半袖で過ごし、夜になると急いで暖かいジャケットを着込む光景が目撃された。また、街角には突然現れたセーターやコートを着た人々も少なくなかった。

10月と言えば、秋の季節と思われがちだが、ワシントンD.C.ではこの時期の天候が非常に変わりやすく、予測が難しいことで知られている。地元の気象専門家によると、このような気温の変動は”秋の嵐”と言われる現象によるものであり、ワシントンD.C.の特徴的な天候だという。

一方で、この予測不可能な天候は、地元の農家や園芸愛好家にとっても混乱をもたらしている。夏日のような暑さで育った植物が急に寒さにさらされ、枯れるリスクがあるため、対策を講じる必要がある。農家は大切な収穫物を守るため、急いで対策を取っている。

ワシントンD.C.地域の住民たちは、これからの天候の変動に備えて、ジャケットやセーターを手放さずに持参したり、急な暑さでも快適に過ごせるような軽い服装も準備している。地域の気象予報士は、今後も気温の変動が予想されるとし、住民たちに対して慎重な対応を呼びかけている。

ワシントンD.C.の10月の天候はいつも予測不能であるが、地域の人々はこの変動に順応し、対策を講じながら、快適に過ごせるようにしている。